印鑑サイズの測り方

印鑑のサイズは印面のサイズのことを差します(長さはほとんどの印鑑が60mmです)。 印鑑ケースをお選びいただく際にはお持ちの印鑑サイズを測る必要がございます。 このページでは印鑑サイズの測り方をご説明します。

対応印鑑サイズとは、印面のサイズの事を指します

寸胴の印鑑のサイズは10.5mm・12.0mm・13.5mm・15.0mm・16.5mm・18.0mmのいずれかのサイズになります。

印鑑のサイズは捺印した印影のサイズではなく、はんこ自体のサイズのことを指します。定規などで印面の直径を測ります。

印鑑サイズで、印鑑ケースの対応サイズが分かります。
印鑑によっては飾りの突起物がついているものがありますが1~2mm 程度のサイズの突起であれば収納可能です。

それ以上の大きな突起の印鑑は、巾着袋・がま口タイプの横幅の広いタイプの印鑑ケースをご使用ください。

角印の印鑑サイズは18.0mm・21.0mm・24.0mmのいずれかになります。

購入時に保証書や、受注メール・納品書等をお持ちの場合は明細に記載されたサイズを購入いただくと確実です。

寸胴の印鑑のサイズは10.5mm・12.0mm・13.5mm・15.0mm・16.5mm・18.0mmのいずれかのサイズになります。

角印の場合は18.0mm・21.0mm・24.0mmのいずれかになります。

印鑑の形状・サイズにあわせたケースをご用意ください

お持ちの印鑑のサイズに合ったサイズの印鑑ケースをお使いください。

寸胴用の印鑑ケースは10.5~12.0mm用・13.5~15.0mm用・16.5~18.0mm用の3種類ございます。

お持ちの印鑑のサイズに合ったサイズの印鑑ケースをお使いください。

ワンサイズ小さい・大きいケースでも収納が可能なことがございますが、ケースの朱肉が使えなかったり、内部でガタつくなど、印鑑の保護する意味でお奨めしておりません。

関連記事も合わせてご覧ください。

最近見た商品

Copyright 1998-2018 Hankoya.com, Inc.