印鑑ケースの選び方

印鑑の印面サイズ・形状で、印鑑ケースが違ってきます。 このページでは印鑑ケースの役割・選び方をご説明いたします。

印鑑ケースの役割

印鑑ケースの役割

印鑑ケースの目的は印面部分の保護です。
実印や銀行印など、重要印の場合は登録した印影とお持ちのはんこの印影が一致している必要があり、フチが欠けてしまったり、表面に傷が入ってしまったりすると異なる印鑑(印影)と判断されてしまいます。

また、ほとんどの印鑑は天然の素材を使用したものです。

直射日光や高温多湿の環境に長期間放置すると、ひび割れなどが起きる場合がございます。

印鑑ケースに収納することで、印材の変質を防ぎ、長持ちさせることができ、傷を防げます。

印鑑の形状・サイズにあわせたケースをご用意ください

寸胴タイプの印鑑ケースは3サイズございます。

お持ちの印鑑と合わないサイズのケースを選ぶと、ケースの朱肉が使えなかったり、印鑑の収まりがわるく、内部でガタつく可能性があり、お奨めしておりません。

正しいサイズ・形状の印鑑ケースをご用意いただき永くご使用ください。

また、印鑑サイズの他、寸胴タイプか天丸タイプかの違いでも収納できる印鑑ケースのタイプが変わってきますので下記を参考にお手持ちの印鑑ケースをお選びください。

印鑑 丸印 寸胴タイプと天丸タイプ 印鑑 角印 角棒タイプと天丸タイプ

関連記事も合わせてご覧ください。

最近見た商品

Copyright 1998-2018 Hankoya.com, Inc.