印鑑ケースの選び方

印鑑ケースの選び方

印鑑の印面サイズ・形状で、印鑑ケースが違ってきます。 このページでは印鑑ケースの役割・選び方をご説明いたします。

印鑑ケースの役割

印鑑ケースの役割
印鑑ケースの目的は印面部分の保護です。
実印や銀行印など、重要印の場合は登録した印影とお持ちのはんこの印影が一致している必要があり、フチが欠けてしまったり、
表面に傷が入ってしまったりすると異なる印鑑(印影)と判断されてしまいます。
また、ほとんどの印鑑は天然の素材を使用したものです。
直射日光や高温多湿の環境に長期間放置すると、ひび割れなどが起きる場合がございます。印鑑ケースに収納することで、印材の変質を防ぎ、長持ちさせることができ、傷を防げます。

印鑑の形状・サイズにあわせたケースをご用意ください

寸胴タイプの印鑑ケースは3サイズございます。 お持ちの印鑑と合わないサイズのケースを選ぶと、ケースの朱肉が使えなかったり、印鑑の収まりがわるく、内部でガタつく可能性があり、お奨めしておりません。
正しいサイズ・形状の印鑑ケースをご用意いただき永くご使用ください。
また、印鑑サイズの他、寸胴タイプか天丸タイプかの違いでも収納できる印鑑ケースのタイプが変わってきますので下記を参考にお手持ちの印鑑ケースをお選びください。

関連記事も合わせてご覧ください。

ハンコヤドットコムインフォメーション

印鑑ケースのご注文は24時間受付中

支払方法について
代金引換
クレジットカード
JALカードショッピングマイル特約店
コンビニ払い
銀行振込
月締め 請求書払い

お届けについて
お届けについて
お届け時間指定
返品について
安心なお買い物の為に
安心なお買い物の為に

ハンコヤドットコムカスタマーサポート
お問い合わせ電話番号
お問い合せフォーム
株式会社ハンコヤドットコム®
大阪(本社)
〒550-0004
大阪市西区靭本町 1-13-1 ドットコムビル
取引先打合せ窓口
〒104-0061
東京都中央区銀座 6-6-1 銀座風月堂ビル5F